ご挨拶

みなさん、こんにちは。福岡大学病院耳鼻咽喉科のHPをご覧頂き、ありがとうございます。
この項目では福岡大学病院耳鼻咽喉科が行っている診療の特徴を述べます。すべてをここで挙げることは無理ですが、ご参考になれば幸いです。

福岡大学病院耳鼻咽喉科は耳、鼻、のど、頭頸部の問題すべてにお答えする診療科です。 耳がつまる、耳鳴がするなど耳がおかしいと思われる方、音が聞こえづらいなどの聴こえの問題に悩まれている方、 めまいで困っている方、突然顔半分が動かなくなる顔面神経麻痺まで耳に関することを手術まで含めて、すべてに対応します。
当然、鼻咽喉科ですので、鼻アレルギーや副鼻腔炎といった鼻の病気、扁桃腺や声のかれ、ものが飲み込みにくいなど、 のどや音声、嚥下の問題、甲状腺やリンパ節をはじめとする頸部の腫れなど頭頸部領域の疾患すべても診ます。
診察させて頂く症状や病気については別のページで詳細に説明がありますので、そちらをご覧下さい。

福岡大学病院の特徴をあげてみます。
難聴のすべてに対応できます。慢性中耳炎など鼓膜に穴があいて聴こえが良くない方、 鼓膜はしっかりしているのに音を伝える小さな骨がうまく働くなる耳硬化症を始めとする中耳難聴などは手術で直すことができます。
もちろん、危険な中耳炎である真珠腫や、耳のがん、難治性の内耳性めまいなどの手術治療も行います。
手術が適応でない難聴の方々は補聴器の専門外来でどのような聴力にも対応します。
また補聴器ではことばが聞き取れない高度難聴の方に音の世界を取り戻す人工内耳医療も手がけております。

新生児聴覚スクリーニングで要精査になってお子さんのことが心配になっているご両親や生まれつき音が聞きづらい先天ろうの方々、 難聴のお子さんたちへの支援を、補聴器の適応判定や交付のお手伝い、人工内耳まで含めて、行っています。
福岡県内のろう学校やことばの教室、福岡教育大学、療育センターと協力体制をもっております。
このため、学校に通っている難聴のお子さんの最も大きな問題である教育面からもサポートすることができます。

信州大学を中心とした遺伝性難聴の研究グループにも参加しています。
最近、急速に解明されてきている遺伝性難聴ですが、その3分の1程度の原因遺伝子を検索することができるようになっています。
遺伝に関わる問題は個人だけでなく、様々な問題を含んでいます。このため、当科のメンバーも含まれる当院遺伝医療室とともに 遺伝カウンセリングを行い、説明をいたします。
もちろん遺伝子検索に関わらず、難聴を始めとする耳鼻咽喉科領域の遺伝性疾患について 悩みがあるときにも遺伝カウンセリングを利用して下さい。

顔面神経麻痺は一般的に脳神経科や内科の疾患と考えられていますが、ほとんどは耳が原因です。
そのうち大多数を占めるウィルスによる顔面神経麻痺は早期治療により治癒率が著しく改善します。 その診断には聴力検査や平衡機能検査などの耳の検査が必要です。
治りがよくないと判断されたときには耳の手術によって治癒を促進できる場合もありますので、 HPを読まれている医療関係者の方を含めて、発症直後の受診や紹介をお勧めします。

各種鼻疾患に対して内視鏡やレーザーを用いた侵襲の少ない手術法が良好な成績をあげております。
喉頭癌・上顎癌・口腔咽頭癌など頭頸部悪性腫瘍につきましては、放射線科、形成外科、歯科口腔外科などと連携をとりながら、 QOLに配慮した、より効果的な治療に取り組んでおります。

声が嗄れる、どもる、物が飲み込みにくいなど音声、嚥下の問題も診ます。
通常は医師の診療だけで終わることが多いですが、当院はそのあとのケアまで整っています。
当院の特徴は検査、リハビリができる聴覚言語療法士や検査技師が4名いることです。 彼ら、彼女たちがそれぞれの専門をもって応対してくれます。

耳鼻咽喉科病棟(34床)はほとんど満床の状態ですが、顔面外傷・鼻出血・急性炎症などの急患にも できるだけ対応できるよう努力しております。 満床でどうにもならないときには教室出身者および出向者が勤務しており、 緊密な関係を保っております福岡歯科大学医科歯科総合病院の耳鼻咽喉科をご紹介いたします。
耳、鼻、のど、頭頸部の問題がありましたら、お気軽に福岡大学病院耳鼻咽喉科を受診して下さい。